審美治療・ホワイトニング

審美歯科ってどんな歯科?

審美歯科とは、矯正やかぶせ物によってきれいにしたり、歯の色を白くするなど、審美性に重点をおいており、健康保険適応以外の治療を行う歯科のことです。歯医者であれば誰でも「審美歯科です」と言えます。(私もその一人かもしれません)

残念なことに、方法を知っているだけで、かぶせ物などの装着物についての性質や物性を熟知しておらず、患者さんの要求をそのまま再現するだけの危険なものを作ってしまいトラブルになるケースがあります。行う上での説明をよく聞きましょう。

どんなことでも可能?!・・・・ではありません。
また、いいことづくめでもありません。

桜田歯科では、審美歯科としての治療を行っています。しかし、虫歯が多かったり歯周病(歯槽膿漏)の傾向が認められれば、
その治療を優先します。

ホワイトニングを行う場合、行う部位にある虫歯を放置してホワイトニングすれば、薬剤によって歯がしみるようになったり、痛くなる場合があります。また、ラミネートベニアの場合、歯と歯ぐきの境目が重要なポイントになるため歯石が付いていたり歯ぐきが腫れていれば、状態が落着くまで処置ができません

どんなに技術が進歩しても、どんなに良い材料が開発されても、 それを支える歯や歯ぐきが駄目になっては元の木阿弥です。

下記の方法を用い綺麗に整えます。


ラミネートベニア

ホワイトニングでは不可能な歯の芯からの色調を隠すのに使われます。また、歯の離開(俗に言う、すきっ歯)などにも効果があります。

歯の表面(エナメル質と言って感覚のない層)を0.3~0.5ミリほどに削り、型取りを行います。
模型上でセラミックのカバーをつくり、歯に取り付けます。
(症例②前歯2本以外、症例④)

メタルボンドクラウン

もっともオーソドックスなセラミックのかぶせ物です。金属のキャップを作り、その上にセラミックを焼き付けます。
歴史的にも古くからあり、改良に改良を重ね現在にいたります。強度的にも安心できる歯科材料です。
(症例①、症例③)


オールセラミック

メタルボンドクラウンのような金属を一切使いません。現在、最も美しく作ることが可能なものです。
(症例② 2本の前歯)

セルコン

ジルコニアで作られており3色から選びます。

症例① この写真を見てください。どの歯を治したかわかりますか?

こんな感じになります。白い歯や綺麗な歯並びだけが審美ではありません。
たった1本でも周りの歯と調和させることも審美です。

もちろん、作ったのは技工士さんです。でも、歯医者冥利に尽きるとはまさにこのことです。

症例② 前歯2本と他の歯の色を主訴として来院

前歯2本の傾きを後ろに下げ、オールセラミックにて修復を行いました。
このため歯の幅径がやや小さくなりました。両脇の歯はラミネートベニアを使用しました。
下顎は知覚過敏の傾向があり本人もこれを気にしていたため処置は行いませんでした。

症例③

上顎の前歯の色と歯の傾きを主訴に来院。前歯2本は前方に突出し両脇の歯は後ろへ後退していました。

(左)治療前はこのような状態です。(右)治療後。前歯2本の傾きを後ろに下げ、両脇の2本を前方に出して全体を整えました。 そのため前歯2本の幅径が小さくなり、コンパクトにまとまりました。

模型

模型上ではこんな感じになります。ワックス(蝋)を使い、完成時のシュミレーションを行います。 コンピューターソフトだと簡単ですが自分で作るのは結構難しいですよ(自慢!)。


症例④ 歯の隙間を治したい。

この場合、左上の隙間だけなくすと1本だけ歯が大きくなってしまうため
中央の2本を含め3本をラミネートベニアにて治しました。最近撮影したもので、術後2年が経過しています。

正直言いますと・・・

私は、マイナス思考の人間です。術後に起こりうる問題がマイナスの可能性が高ければこちらからお断りします。 綺麗になっても一次的では意味がありません。良い状態を長持ちさせるには歯科医と皆さんの双方のケアが必要です。 定期検診やブラッシングによる長期的なケアです。どんなに高価な物でも作り物であって、不変と言うわけにはいきません。このことをご理解いただきたいと思います。


ホワイトニング

近年、歯を白くしたい方が増えています。また、以前は若い方中心でしたが各世代共通して興味をお持ちであることがアンケート結果からもわかっています。それだけ白い歯に憧れている人が多い時代になってきました。

ホワイトニングについてご理解いただきたいことがあります。
ホワイトニング希望で来院されても、初診時から行うことはほとんどありません。

カウンセリングを行いホワイトニングについての説明や歯や歯茎の状態を確認します。
虫歯や歯周病などの問題があれば、それを解決してからホワイトニングを行います。


ホワイトニングは2種類あります。

歯科医院で行うオフィスホワイトニング(GC社製 TiON)
かなり強い薬剤を使うため歯科医院で行います。
一回の処置で3回薬品を塗布します。最後に歯の研磨を行い終了です。90~120分ほどかかります。

自宅で行うホームホワイトニング(GC社製 TiON))
最初にマウストレーを作ります。このトレーを使い、一日2時間ほど装着します。約2週間で終わります。

ホワイトニングの適応症
1 加齢による変色歯(黄ばみなど)
2 コーヒー、茶、タバコなどによる変色歯(歯面研磨で除去できない歯)
3 色素生成細菌に由来する変色歯(歯面研磨で除去できない歯)
4 全身疾患に由来する変色歯(着色が軽度であること)

注意事項
1 双方とも薬剤を使うためむし歯や歯ぐきの炎症などを起こしている場合は処置ができません。
  それぞれの処置を行ってからになります。
2 適応症でなければ処置の効果が期待できません。


桜田歯科

お問い合わせ・ご予約は…

  • 03-5834-1555
  • メールでのお問い合わせ