入れ歯

入れ歯についてのお問い合わせや相談の数々

下記に、入れ歯についての問合せやよくあるご相談の一部を紹介致します。私なりの見解を書いてみました。

痛いのに調整してくれない

「慣れるまで我慢してください」と言われたそうです。論外です。
痛みは、調整によって取り除くものです。慣れるものではありません。


違和感がなくならない

調整によって軽減する違和感もありますが、全に取り除くことはできません。慣れる練習と期間が必要です。


もっと小さくすれば使いやすくなると思う

「このようにお考えの方が多いようですがまったく逆です。入れ歯は小さくすればするほど安定感をなくし不安定になります。痛みと不安定のために使い勝手の悪い入れ歯になります。写真の左側の入れ歯は来院時にお使いのものです。違和感と痛みでほとんど使えないそうです。右の入れ歯は、新しく作ったものです。調整を繰り返し使えるようになりました。


すぐに使えると思っていたのになかなか使えるようにならない

私が、入れ歯を作るときに必ず話すことがあります。「入れ歯の作製には時間がかかります。完成してからも慣れるためと調整に時間が必要です」これは、入れ歯が歯医者で手軽に作れるために、勘違いしていると困るために話します。

こんなたとえ話をします。
ご自分が義手や義足を使うことを考えてください。リハビリや訓練に相当な時間を費やすことを覚悟しますよね。
入れ歯も、まったく同じなんです。

お金をかければ咬める入れ歯が作れると言われたが・・

自由診療(保険外の自費)になれば使用材料に選択肢が増えて理想的な入れ歯を作製することが可能になります。
しかし、咬めるかどうかは別問題です。
健康保険で、そこそこの入れ歯が作れなければ自由診療でも同じことです。ここは、技術的な問題になってきます。

総入れ歯が合いません、なんとかなりませんか?

私が拝見した総入れ歯の多くが、小さくて不安定であったり、長期間の調整を行っていないなどの問題がありました。小さい入れ歯は、適切な大きさに作り替えれば安定は得られます。調整に関しては、問題なく使えていても年に1~2回は歯科医に診てもらう方が安全です。

入れ歯についてのたとえ話をします。
入れ歯は自動車と同じです。但し、自家用車ではなくタクシーやパトカーのように休みなく使う用途の物です。
当然、乗用車より使用条件は過酷です。それに伴う、故障や修理が必要です。
車に車検があるように入れ歯にも点検が必要なんです。

以前、入れ歯を作った時はすぐにできたのに、こんなに時間がかかるものなんですか?

入れ歯を作るには段階が必要です。
1 診査
2 型取り(必要に応じて2回行う場合もあります)
3 咬み合わせの測定
4 歯並びの確認
5 完成

本来は、これが入れ歯作製の基本です。
小さな部分入れ歯は段階を省くこともありますが、大きな部分入れ歯や総入れ歯では、この工程を省くことはできません。

歯茎にあたるとこが軟らかい入れ歯があると聞きましたが?

人工の歯や口から見える部分は従来のレジン(プラスチック)で作られており歯茎に接触する部分だけ軟らか材質でできている入れ歯があります。

利点
・痛みはほとんど感じません
・調整に時間がかからずになじみます


欠点
・保険では作れません。
・考えているほど良く咬めません。
・軟らかい材料に耐久性がないため、長持ちしません
・修理が困難です


※個人的な意見としては、あまりお勧めできません。

バネがまったくない入れ歯があるそうですが?

いくつかの種類があります。すべてのものが保険では作れません。バルブラスト・スマイルデンチャー などがあります。
実際には、金属のバネの代わりになるものがあります

利点
・装着感は良好です。
・金属のバネがありません。



欠点
・健康保険では作れません。
・歯茎の状態が悪い場合(歯周病)は使えません。
・歯の残り具合によっては使えません。
・耐久性がなく長期間の使用は困難です。
・修理が困難です。


私は、ちょっと前までこの入れ歯をお勧めすることはありませんでした。
最近は、一部に金属を使うことで安定することがわかり、設計次第では有効な方法だと考えを改めました。
しかしながら、耐久性の改善はなく長期の使用には依然問題があります。

先生の勧める入れ歯はどんなものですか?

これは、正直言って回答に困ってしましました。
どんな欠損(歯のない部分)かによって入れ歯の設計が違うので一概に言えないのです。

審美的な要求がなければ
・健康保険の入れ歯(金属のバネあり) 
・保険外の金属を使用した入れ歯(金属のバネあり)
・スイングロックデンチャー

審美的な要求があれば
・保険外の金属を使用した入れ歯(マグネットなどを使用)
・ノンメタルクラスプデンチャー(長期使用は困難)
・コーヌス アタッチメントデンチャー
(残存歯に加工が必要で費用が高額)


正直言いますと・・・

入れ歯で悩んでいる方とお話をすると、ご自分の持論しか解決策はないような話になってしまうことがあります。
悩みすぎた結果かもしれません。理にかなっているならば実現できるように努力しますが理屈に合わなければ実現はできません。まずはご相談ください。

「この先生はだめだ・・・」と思われましたら他の先生を捜してください。
「任せてみようか・・・」とお考えになったら作ってみましょう。

入れ歯の作り方

入れ歯の作製

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯の2種類があります。それぞれに設計が必要です。

え!・・・入れ歯に設計があるの?と思われる方も多いのではないでしょうか。どんなバネを歯に架けるか・・・
どんな歯並びにするか・・・このことは、理論に基づいた経験がすべてを左右します。

ところが、歯医者は型をとるだけ・・・あとは技工士が作るから・・・こんな先生もいます。

歯科学生の時に作っただけで、設計の経験のない先生が多いのが実情です。

補綴出身の個人的な意見になりますが、入れ歯やかぶせ物にとって最も大切なのは、 作ってみることだと思っています。
講習会などで勉強することは誰にでも出来ますが、作ることはなかなかできません。 作ることで、自分の欠点や未熟さがわかります。

入れ歯の作り方

桜田歯科では、大学病院と同じ方法を用いて入れ歯(総入れ歯の場合)を作製します。特殊な型取り行う関係上、来院回数が多くなりますが健康保険で作れます。歯科医側に手間が増えるだけで普通に入れ歯をつくるのと同じ金額で作れます。

1回目 簡単な型どり

この型から精密に型をとる道具を作ります。

2回目 精密な型どり

筋形成と言う舌や頬の動きを型をとる道具に再現します。

3回目 高さを測る

精密な模型から高さを測る道具を作り入れ歯の高さを決めます。

4回目 歯並びを合わせる

仮の歯並びで、実際に口の中に入れて確かめます。

5回目 入れ歯の装着・調整

入れ歯の完成 様々な調整を行い入れ歯を装着します。

実は、入れ歯にとって大切なのはここからです。完成後の調整のためにしばらく来院していただく必要があります。今まで小さな入れ歯をお使いの方は慣れるまで大変かもしれません。精密な型取り(筋形成)を行っているため、 極端に長すぎたり短すぎることはありません。部分入れ歯では、小さい物ならば手順を省くことはありますが、大きい物の場合総入れ歯に準じて作製します

総入れ歯・部分入れ歯について

総入れ歯


健康保険では、プラスチック製です。

利点
・安価で調整が容易です。

欠点
・プラスチック製のため厚みが必要で、違和感が大きくなることもあります

保険外の自由診療では、部分的に金属を使い薄く作ることができます。

利点
・薄く作ることで違和感が軽減できます。
・金属部で温度感覚が得られます。

欠点
・費用がかかります。
・調整に時間が必要です。

部分入れ歯


健康保険では、プラスチックと金属のバネを使用します。

利点
安価です。
・審美的な要求がなければ実用的です。

欠点
・バネのかかる歯に負担がかかります。
・強度的には弱いです。

保険外の自由診療では、様々な選択肢があります。

1.金属床

オーソドックスなバネを使用し、金属を多用した入れ歯です。
また、マグネットを併用することでバネを目立たなくすることも可能です。

利点
・構造を丈夫にできます。
・部分的に薄く作ることができます。
・マグネットを併用することも可能です。

欠点
・高価です。
・バネのかかりる歯に負担がかかります。
・修理が困難な場合があります。

2.ノンメタルクラスプデンチャー 

ここをクリック

3.スウイングロックデンチャー

バネが存在しますが、歯を下から支えるためにほとんど見えません。
扉の開閉を応用しているために装着時に外れる心配がありません。個人的は、最も好きな入れ歯です。

利点
・歯茎の状態が悪い場合(歯周病)も使えます。
・残存歯にほとんど負担をかけません。
・定期的に調整や修理を行うことでかなり長期間使用できます。

欠点
・笑うと歯茎が見える方には、向かないかもしれません。
・バネのかかりる歯に負担がかかります。
・外して見るとグロテスクです。着脱にコツがいります。

4.アタッチメント コーヌス

残った歯を加工してそこに入れ歯を装着するものです。

利点
・きっちり入り、感触は抜群です。
・しっかり咬めます。
・審美性も良好です。

欠点
・残った歯の状態(歯周病)が悪ければ使えません。
・バネのかかりる歯に負担がかかります。
・歯の加工が必要であるため、歯の神経をとる可能性があります。
・かなりの高額になります。
・修理が困難です。

※歯科医と技工士、それぞれに高い技術が必要となるため、 皆さんの判断 が難しいと思います。

正直言いますと・・・

私の回答は肯定より否定が多いと思います。これは、どの歯科のホームページを見ても「最新の治療法」と書かれており長所しか書かれていません。どんなに技術や材料が進歩しても欠点がないものなどありえません。マスコミも浅い調査で視聴者の受けの良い内容しか放映せず、情報が混乱しています。ですから、あえて否定の多い内容になっています。

「最新=良いもの・・・
高価=長持ち・・・
こんな風に思っていませんか?

どんなに高価な入れ歯も、所詮は人の作った道具です。

最新で高価なものが、修理もできず作り直さなければならなくなったら どう思いますか? 歯科医は、皆さん方の利益と不利益についてよく説明する 義務があると思います。 結論を急がずにゆっくりと考えてください。 現状で最善をつくすことが医療だと思います。


桜田歯科

お問い合わせ・ご予約は…

  • 03-5834-1555
  • メールでのお問い合わせ